第4章 第2戦 ~約束~ 栃木県芳賀郡茂木町北高岡 安楽寺池

「あんた、釣りやるのかい?」
それは半年ほど前、神社の写真を撮っていた私に、寺の住職と思われる老人が話しかけてきた言葉。

住職:「そこの野池に、誰かがブラック(=ブラックバスと思われる)を離したんだ。
    小魚が食べられて困ってるんだよ。あんた、釣り上げてくれないか?釣ったら離さないでくれよ。」

私: 「今はあまり釣りをやってなくて・・・そのうち、頑張ってみます・・・。」

消え去ろうとしていた記憶が蘇る。

爺さん、あんたとの約束を果たそう

c0171001_19063726.jpg

遠い記憶を頼りに、茂木町北高岡425 安楽寺付近にある野池へやって来ました。
野池でのブラックバス釣りは、実に5年ぶり。
お前(ブラックバス)に、北斗神拳が何故に最強の拳法と呼ばれているのかを教えてやろう。

c0171001_19231335.jpg

カナカナカナカナ・・・。
周囲は秋を思わせる風情、少しだけ涼しい風が頬を撫でる。
俺は眉ひとつ動かさずに、目の前の野池へと足を進める - ただ、約束を果たすためだけに -。

c0171001_19385299.jpg

野池は完璧なコンディションを整えて、俺のキャスティングを待っている。
ゆっくりと息を吸い、そして勝負の時を受け入れる。

ふぉぉぉあぁぁぁっ!!!

スピナーベイトを使って怒涛のキャスティングを行う。
水門、流れ込み、そしてアシ、いや中央か。

ゴンッ!!!

ふぉぉぅ!?
予期せぬタイミングでの強いアタリ、思わずリールから手が離れてしまった・・・。
慌ててリールを掴み、再びフッキングを試みる!

・・・。

奴は、水面に巨大な波紋を残し去っていった。
初めての体験でした。アタリの衝撃でリールから手を離してしまうなんて・・・。
その後も繰り返しトライするが、奴が再び現れることは無かった。

未熟だった・・・。
これから50cmオーバーを目指すにあたり、勝負の瞬間は一瞬と心して掛かるべきでした。不覚。

爺さん、安心しな。
必ず倒してやるさ。その時が、少しだけ先に伸びただけのこと。

もっともっと実力を高め、こいつだけは釣り上げる!必ず!
再び約束するゼ!爺さん。
あんたとの約束を果たそう



[PR]

by bass40over | 2014-08-15 20:16 | 釣行記

<< 第4章 第3戦 武具池ブラック... 第4章 第1戦 茨城県鉾田市北浦 >>