ブラックバス 気圧と釣果の関係 ~台風前は釣れる~

皆様からコメントをいただき、『台風前は気圧が低下するため釣れる!』という法則を
知りました。
それまでは、いい天気だと『釣れ』て、雨や台風などの日は『釣れない』という真逆な
感覚をもっていたので、とても目が覚める思いでした。

ここはしっかりと理解しないと、到底 ブラックバス 40cm オーバーなんて目指せない!!
(ヤバイぞ、自分!)

c0171001_17334441.gif晴れた日について考えよう!

  まず、「なぜ晴れているのか?」
   「太陽がよく見える」から。
   なぜ「太陽がよく見える」? ・・・雲が少ないから。
   「雲が少ない」のは気象的にどういうとき?・・・下降気流が生じている場合。
   なぜ「下降気流が生じる」?・・・周囲に対して空気を押し出している状態のため。

  では、なぜ周囲に対して空気を押し出しす状態になる?
   周囲よりも気圧が高くなっている(=高気圧)状態であるからだ!!!。

  じゃあ、気圧が高いとブラックバスはどうなる?
   魚は浮力を調節する浮き袋を持っているが、これはすぐに調節できない仕組み。
   気圧がより多く掛かるため、ほっておくと沈んでいくような状態になり、おのずと
   活動範囲が狭まり、動きづらいので活性が下がる。

つまり、"釣り辛くなる"
お~、少しわかってきた。


c0171001_17341646.gif次に雨の日について考えよう!

  「なぜ雨が降っているのか?」
    雨雲があるからだよね。
    では、なぜ「雨雲」ができる?・・・地上の水蒸気が上空に上がったから。
    「水蒸気が上空に上がる」のはなぜ?・・・上昇気流が生じているから。
    「上昇気流が生じる」のはどういう状況?・・・周囲の空気が入り込む状態のとき。

  では、なぜ周囲の空気が入り込む状態になる?
    周囲よりも気圧が低くなっている(=低気圧)状態であるからだ!!!。

  じゃあ、気圧が低いとブラックバスはどうなる?
    水位が引き上げられることと、浮力の上昇により活動範囲が拡大。
    ほっておいても浮かんでくる状態になり活性が上がる。

つまり、"釣り易くなる!!!"
わかったぞ!


ブログを始めてから、"リグ"や"線と点の釣り"を学び、今回"気圧"についてもわかった。
ブラックバス 40cm オーバーがぐっと近くなった気がします。

そういえば、私が普段着用している時計は"PRO TREK"という登山用の時計で、
気圧が計れるんです。
今まで釣りの時は時間しか見ていませんでしたが、今後は気圧をチェックすることも
忘れないようにしたいと思います。

c0171001_17204667.jpg
よく「Gショック?」と聞かれますが "PRO TREK"です。

一年くらい前のモデルで、「タフソーラー」という太陽電池もついていないけど、
なかなか気に入って使っています。
[PR]

by bass40over | 2008-09-21 20:01 | お勉強

<< 2008/09/21 ブラック... 2008/09/21 栃木県 ... >>