鬼怒川 & 那珂川 スモールマウスバス


2008シーズン最終戦(その2)、今日は鬼怒川と那珂川のスモールマウスバスに挑戦しました。
メンバー構成は、いつものスピナーベイト師匠に加えて今回はワーム師匠と同行。
気温は少し低いが天気は最高!!! 
水温への影響が心配だが、まあ大丈夫でしょう。

※今回のレポートは場所が河川のため、ポイント等の詳細な場所を記述しません。
情報を基にした漁協の駆除活動等を避けるためですのでご理解ください。


■第一のポイント 鬼怒川 某所
このポイントへは単独で何度か行ったことがあるのですが、当たりすら経験無し。
いくらワーム師匠と一緒とはいっても少し不安。

・・・が! ポイントは見えバス(ラージ、スモール)、見え鯉だらけで、まるで生簀状態!
小さいワームが良いということで、超小型ワームをつけて投入。
出た!!!あらゆる意味で"スモール"なバス! (6cmくらい?)
このポイントは様子見で立ち寄ったため、とりあえずこれで終了。
(ボウズはなくなったので少し安心)

■第二のポイント 那珂川 各所
那珂川でのスモールマウスバス釣りは初経験。
でも水がきれいで、たとえ釣れなくても気持ちがいい。

河川でのスモールマウスバスに不慣れな私は釣れるかどうかは半信半疑。
2インチのグラブを泳がせて探る。
巻いてくると100%の確立でバスが追ってくる! これは行ける。
30分ほど繰り返すと、"ガツッ"っと根掛りに近い当たり!でも根掛りじゃない!
念には念を入れて2回追加で合わせる。 ・・・デカイ!
ドラグを緩めようかまごまごしていると、ジャンプ一発! さようなら・・・。

釣り上げていないし、写真もないので信じてもらえないかも知れませんが、
あれは40cmオーバーはありました。
(正直ヘコミました。 心の傷になりそうです。)
季節はすっかり"秋"、空気も、景色も。 山もそろそろいい状態かなぁ?
那珂川はとても綺麗な清流で、とてもスモールマウスバスがいる川には思えません。

■お昼ご飯 割烹 御食事処 福田家
那珂川でのスモールマウスバス釣りで、昼食を取るとしたらここしかないでしょう。
注文は無難なカツ丼(大盛)
※この店で絶対に"大盛"にしてはいけない。とても食べ切れません(笑)。

その後も、那珂川水系を数箇所回るが釣果は無し。
ワーム師匠があらゆる状況を加味して決断。
"最初の鬼怒川へ戻ろう"


■第三のポイント 鬼怒川 某所 (最初の場所)
時はすでに夕暮れが迫っており、ラストチャンスであることは3人の共通認識。

"本日最後の勝負"


メインパターンである 2インチグラブのノーシンカーで勝負。
出た! 25cm スモールマウスバス!!!
(メジャーを忘れたので、タバコで相対サイズを計測)

那珂川でバラした引きに比べるとイマイチではあるが、久しぶりにバスの匂いを嗅いだ。
幸せ。
40cmオーバーは釣れなかったけど、今日は最高の一日でした。

[参考情報]

同じ那珂川でも、茨城県漁協管轄のエリアは、ブラックバス釣りでも入漁料を徴収されるそうです。
ポイントに大差が無いのなら、栃木県側で釣ることをお勧めします。
■  [PR]

by bass40over | 2008-09-27 20:30 | 釣行記

<< スモール ラージマウスバス 、... ベイトリール メンテナンス (... >>