2009年 03月 24日 ( 1 )

JAYWALK 何も言えなくて・・・夏。 今少しだけわかった意味。

次第に春が近づく今日この頃。
週末はブラックバス釣りへ行く機会がどんどん増えてきますね!

c0171001_21205736.jpg

昨日「HEY! HEY! HEY!」を見ていて、久しぶりにJAYWALKを見ました。
別にJAYWALKなんて好きではなかった私は、「何も言えなくて・・・夏」を熱唱する彼らに対して"懐かしさ"以上に感じるものなどありませんでした。

この歌が流行ったのは、私が高校生くらいの頃でしょうかね。

でも、昨日から何故かこの「何も言えなくて・・・夏」が頭から離れなくて、mp3を買ってじっくりと聞いてみました。

"なるほど!わかりました!!!この歌の訴えかけるものが!"

歌詞を掲載しますので、既婚バサーのかたは、じっくりと歌詞を見てください。

作詩:知久光康 作曲:中村耕一

綺麗な指してたんだね 知らなかったよ
となりにいつもいたなんて 信じられないのさ
こんなに素敵なレディが俺 待っててくれたのに
「どんな悩みでも打ち明けて」そう言ってくれたのに

時がいつか 二人をまた
初めて会った あの日のように導くのなら
二人して生きることの 意味をあきらめずに
語り合うこと 努めることを 誓うつもりさ

「私にはスタートだったの。あなたにはゴールでも」
涙浮かべた君の瞳に
何も言えなくて まだ愛してたから…

もう二度と会わない方が いいと言われた日
やっと解った事があるんだ 気づくのが遅いけど
世界中の悩み ひとりで背負ってたあの頃
俺の背中と話す君は 俺よりつらかったのさ

時がいつか 二人をまた
初めて会った あの日のように導くのなら
水のように 空気のように 意味を忘れずに
あたりまえの 愛などないと 心に刻もう
短い夏の終りを告げる 波の音しか聞こえない
もうこれ以上 苦しめないよ
背中にそっと「さよなら…」


"どうですか?高校生には分からなくても、既婚である今ならわかりませんか?"

説明するまでもなく、十分心に染みる歌詞ですが、青文字で私の思いを書いてみます。

作詩:知久光康 作曲:中村耕一

綺麗な指してたんだね 知らなかったよ
となりにいつもいたなんて 信じられないのさ
こんなに素敵なレディが俺 待っててくれたのに

一緒に生活し、いつも近くにいると、相手の存在の価値、客観的な価値が分からなくなるものです。

「どんな悩みでも打ち明けて」そう言ってくれたのに
相手は一緒の生活に対して努力し、相手をより理解しようと努めていたのでしょう。

時がいつか 二人をまた
初めて会った あの日のように導くのなら

これは「もう一度やり直せるなら」という言葉の言い換えです。

二人して生きることの 意味をあきらめずに
語り合うこと 努めることを 誓うつもりさ

相手をより理解すること、喜びや悲しみを共有することに努めることの宣言です。
(ここまで来てしまってはもう遅いですが・・・。)


「私にはスタートだったの。あなたにはゴールでも」
これは女にも言えることですが、「結婚 = ゴール」という認識が強い傾向にあります。
好きに恋愛をしていた時代は終了(=ゴール)ですが、2人での生活という観点では「スタート」です。
恐らく相手の女性はこの意味を理解していたのだが、男は「ゴール」と思ってしまったのかもしれません。
女性は「ブラックバス」ではありません。
釣り上げた魚に餌を与えない態度では絶対にいけないのです。


涙浮かべた君の瞳に
何も言えなくて まだ愛してたから…

もう二度と会わない方が いいと言われた日
やっと解った事があるんだ 気づくのが遅いけど


世界中の悩み ひとりで背負ってたあの頃
俺の背中と話す君は 俺よりつらかったのさ

男は弱いものです。
仕事に行けば嫌なことも沢山あります。どうにもできない立場関係や、組織の不条理に心を傷つけることも沢山あります。
イライラしてしまい、家に帰るとつい誰かに当たってしまったりするものです。
でも、そんな自分と接している相手のほうがもっと辛いということを私達は認識すべきですね。
(=もちろん、強烈に私も認識すべきです。)


時がいつか 二人をまた
初めて会った あの日のように導くのなら


水のように 空気のように 意味を忘れずに
あたりまえの 愛などないと 心に刻もう

水や空気のように「一緒にいるのがあたりまえ」の気持ちになっていませんか?
付き合っているわけではなく、一緒に生活をしているのだから、日々ドキドキすることはさすがにないでしょう。
でも、「ありがたみを忘れた」空気のような存在では駄目です。
努めてお互いを深く理解したうえで、「楽」「理解し合っている」空気のような存在でなくては・・・。



短い夏の終りを告げる 波の音しか聞こえない
もうこれ以上 苦しめないよ
背中にそっと「さよなら…」


"どうですか?すばらしい曲だったのですね!"


これからブラックバス釣りは最高のシーズンになってきますが、釣りばかりにならずに、たまには相手へのサービスも心がけましょうね。
[PR]

by bass40over | 2009-03-24 22:17 | その他