2009年 04月 02日 ( 1 )

JB 相羽純一から学ぶこと。~決戦に備えて~。

先日発生した「JB 相羽純一」の生エサ事件を無駄にしないために、ここから学ぶことを整理したいと思います。
もちろん、今週末の決戦に備えて。

あっ、と言っても、これは教科書ではないので、「不正はいけない」とか一般的なことは学びません。
かといって、『皆さん、ミミズで釣りましょう!』という短絡的な発想にもなりませんので、ご安心ください。

『何故、相羽は生エサを使ったのか?』
『相羽が、決定的に生エサが有利だと判断したのは何故か?』

これについては色々な要因があると思いますが、決定的な違い=臭いタップリワームとの違いはズバリ

食感!!!捕食するか、しないか!

この違いだと思います。
さらに突き詰めると、先日導き出された『バイト時間を長くする』という点において、圧倒的に有利だったからではないでしょうか?
c0171001_21222268.jpg
(だからと言って生エサを使った相羽は、釣り以前にブラックバスの放つオーラに負けてしまっています。)


ブラックバスの放つオーラは強力です。
上の写真で、ラオウの背景がブレて見える人はご注意ください!
(オーラに圧倒されている証拠です。)

ブラックバスのオーラに圧倒されそうな時、頼るのは『生エサ』ではなく、強敵=友 のアドバイスだと思います。

c0171001_21271941.jpg

オーラは正面から受けるのではなく、『受け流す』のです。
(トキの背景が回って見える人、あなたは受け流すことができています。)

これは何もブラックバス釣りだけに限った話ではなく、世の中のストレッサーに対応する術です。

・・・! 余計なことを書きました。(スミマセン。)

週末の足音が聞こえる本日。
釣り道具もそうですが、心構えも準備に入っています。
[PR]

by bass40over | 2009-04-02 21:38 | 釣り準備