2009年 04月 13日 ( 2 )

ブラックバス 外伝!迷いを打ち砕く秘奥義 ~後編~ そして第2章へ

c0171001_20465990.jpg

前編からの続きです。

前編では、今までの自分のブラックバス釣りと正反対の釣り方で、釣果を得、旨い昼飯を食べました。
『あぁ、よかった・・・。』・・・では終わらないのです。

この秘奥義、ここからが重要です。
前回ボウズに終わった仲間達との釣行と、今回釣果があった単独釣行と、比較することが奥義です。

もし私が、ブラックバス釣りとは『釣果である』というなら、今回の釣行が楽しかったと判断するでしょう。
皆さんはどうでしょうか?
遊び心も無い、まずい店に当たるリスクも無い・・・今回のブログは面白かっただろうか?

"私の答えはNoです"

確かに今回はブラックバスもヒットし、昼飯もヒットしました。
しかし、今までのボウズに終わって、まずい飯を食べた仲間達との冒険のほうがずっと楽しかった。

Happy Bass Fishingさんから、以下のようなコメントをいただきました。

--------------------------------- (コメント抜粋) -------------------------------------
私は
釣り・友人・音楽・食事。
全て欠かす事が出来ない大切なものだと思います。

理由は、釣りが・友人が・音楽が・食事が

『好きだから』
----------------------------------------------------------------------------------------

このメッセージをもらい、気づき、第2章の始まりが早まりました。
そうなのです!。私にとってのブラックバス釣りとは、『ブラックバス釣りを』『仲間と楽しく』『季節を感じながら』『旨い店を求めて』行う行為そのものなのです。
どれが欠けても成り立たない一揆通関の趣味であることを認識しました。

つまりブラックバス釣りの目的 = 全ての行為を楽しむこと。これは事実なのです。

では何故、釣果を求めてあせり、ブログ第一章を締めたのか?
それは、『釣果の無い釣りに空虚感を感じたから』です。

矛盾していますね。
自分にとって、ブラックバス釣りに釣果が関係無いと言っておきながら、急遽感を感じる。

これは『自分にブラックバス釣りのスタイルが無いこと』が原因だと考えています。

スピナベのK師匠はよく言っています。
「春はスピナベは釣れないから」「スピナベは活性が高くないと釣れない」「でも、スピナベしか投げない」。
・・・と言いながら、天候に応じてブレードの色を変え、場所によってトレーラワームの色を変え、なんだかんだで釣りを楽しんでいます。

今、私にはこのポイントが明確にわかります!!!
私はブラックバス釣り全体に対するスタイルは確立している。
しかし、ブラックバス釣り単体では自分の釣りスタイルが無いので、楽しみ=釣果のみなのです。

見えた!第2章で求めることが!!!


うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!
c0171001_21371152.jpg

迷いは全て消えた!!!

『自分のブラックバス釣りのスタイル』確立を求めて。

釣果に依存せず、ブラックバス釣りを楽しむために・・・。

目指せ!ブラックバス 40cmオーバー!!! 第2章の始まりです。

[PR]

by bass40over | 2009-04-13 22:41 | 釣行記

ブラックバス 外伝!迷いを打ち砕く秘奥義 ~前編~

c0171001_165215100.jpg

ブログを休止してから短い期間しか経過していませんが、もうずっとこのブログを書いていない気がします。
休止期間中は、ほんとうにいろいろな方からご声援をいただきました。
長文で思いを伝えてくれたHappy Bass Fishingさん、コメントをいただいたYUさん、IKUSAさん、釣れるポイント情報を送り続けてくれたY師匠などなど・・・。
「本当は知られたくない秘密のポイントを教えてあげる」と言ってくれた人までいました。

休止して始めて、ブラックバス釣りを通してこんなにも沢山の人の輪ができていたことに気が付きました。

"皆様、本当にありがとうございました。"


皆様からの声援を受け、今日はこの迷いを打ち砕きたいと思います。
・・・といっても、今までと同じようにブラックバス釣りへ出かけたのでは何も変わりません。
自分の気持ちの迷いを打ち砕くために、今回は秘奥義を考えました。

それは『今までの自分のブラックバス釣りと正反対の釣りを行う』というものです。

私のブラックバス釣りは、『数人で』『その日なんとなくポイントを決め』『投げたいルアーをひたすら投げる』、そして、『なんとなく見つけた店でご飯を食べる』。
・・・一行で現すと、まぁこんな感じでしょうか。

今日はその正反対、『1人で』『入念に下調べしたポイントへ』『釣果の高いワームのみ』で勝負!

■栃木県 益子町 某野池 (今日はRun&Gunもしない)
c0171001_17201751.jpg

ここは昨日、Y師匠が40cmを釣り上げたというポイント。
いつもなら「バイブレーションで線の釣り!」と言いたいところだが、本日は「ワーム」のみ。
サイズも2~3インチ程度でバイトし易いものを、ノーシンカーで。
”ガツン!!!"

c0171001_1724116.jpg

c0171001_17241747.jpg

小さいけど、今年初めてのブラックバス!!!
嬉しい!!!。
この一匹、今後のブラックバス釣りを語る上で大きな価値のある一匹だ!!!

今日はこれで満足。 ~ありがとうブラックバス!!!~

昼飯 - 中華食彩 宮本
 栃木県 芳賀郡 市貝町赤羽3674-32
 0285-67-0357
c0171001_17295956.jpg

いつもと正反対の昼飯。
この店は事前に栃ナビで調べてあり、「オーナーが横浜中華街で10年修行し開いた店」。
遠方から食べに来る人も多いというこの店のお勧めは『チャーハン』だそうだ。

では早速、チャーハンセットと餃子を注文。
調理中のフライパンを返す音が非常に小気味よい。
c0171001_1736064.jpg
このチャーハンは旨い!!!
味はシッカリと付いているが、しつこくなく、ごま油の風味がちょっぴり効いていて最高。
さすがお勧めメニューだけはある。
c0171001_17361229.jpg
そして餃子。
焼き具合もちょうどよく、小籠包のイメージの餃子だ。
これもなかなか旨い。

・・・、でも当然といえば当然。情報も正確だったし、お勧めメニューだし。

ということで、前編はここまで。
いつもと正反対のブラックバス釣りを行うと、こんなにも優等生な結果が出せるのですね!!!

(後編へ続く)

[PR]

by bass40over | 2009-04-13 17:45 | 釣行記