2009年 04月 15日 ( 1 )

ブラックバス釣り!春の重要課題、再整理!!!

今日は日中とても暑い日でしたね。
「暑い」という声が久しぶりに沢山聞こえました。
c0171001_2150338.jpg

さて、本日はこの時期 = 春のブラックバス釣り重要要素についてもう一度再整理したいと思います。
(あっ!北斗ではなくてすみません。)

2009ブラックバス第2章。
これは自分のブラックバス釣り単体に対するスタイルを見極める戦いです。
ここで課題を再整理してみたいと思います。

第一章で、『課題はショートバイト』と言いました。
春、この時期のシーズナルパターンを踏まえ、恥を捨ててもう一度考え直してみたいと思います。

シーズナルパターンから、この時期のブラックバス釣りは、水温2~3℃の違いで大きく変わります。
10℃以下なら、ブラックバスはディープにいるし、13℃くらいならスポーニングのためシャローにいることでしょう。

微妙な水温の違いが、大きな棚の違いへと反映しています。

なるほど!
見えましたね!!!

この時期、私にとって最も重要なポイントは『ショートバイト対応』ではなく・・・

"棚の見極め"です!!!


ショートバイトへ対応することを考えるなど 10年早い!!!

正直言って、私は頭が悪い! それはわかっている。
複数の要素を同時に考慮することなど、到底不可能。

ならば、最も大きな違いである『棚』に焦点を絞ろう!!!

次回のブラックバス釣り。
探るのは線でも点でもない(二次元ではない!二次元まで絞ることはできない!)
新たな概念、『深さ』だ!!!

自身の力量に従い、まずは3次元で戦い、次は2次元に絞る。
「線」だの「点」だの言うのはそれからだ!!!
[PR]

by bass40over | 2009-04-15 22:26 | 釣り準備