カテゴリ:釣行記( 50 )

涸沼 ブラックバス ポイント情報 (涸沼釣りポイント)

涸沼バス釣りポイント情報。
ずっと秘密にしていたけど、涸沼でブラックバスが釣れて釣れて仕方がないポイント情報を掲載します。
涸沼は最高!北浦、霞ヶ浦よりも安定してバスが釣れる!!!
(Googleマップ ポイントの地図はココです!)
c0171001_20464715.jpg

バス釣りのポイントを探すのが難しい涸沼。
しかしながら、一度ポイントを見つけてしまえば涸沼は『バスの釣り堀』状態です。

県道106号線から、運送屋のトラックが停まっている場所の横に入る。
ソーラーパネルの横に、車が10台ほど停められるスペースがあります(砂利ですが)。
ポイントは地図上に丸を付けた場所。

シーバスだけじゃないぜ!涸沼といえばブラックバス!
「自分が上手くなったのではないか?」と錯覚するほどバスが釣れる。
折角見つけたバスポイントだったのですが、あまりにも釣れてツマラナイので、師匠と話し合った結果、
もう行かないことにしました。
北浦、霞ヶ浦の難しいポイントで技術を磨きたい。

こちらのポイント。試してみてください。
近所の運送屋のオジイチャンがいい人。時折話しかけてきて、新たなポイント情報も教えてくれる。

最高です!涸沼ブラックバス!
是非一度お試しください。

涸沼のブラックバス情報って少ないので、皆がこの情報にたどり着くことを願って。
あっ、涸沼のポイントはここだけじゃないですよ。
バスが釣れるポイントは沢山あります。

時間を見つけてポイント情報を掲載してゆきたいと思います。
最近、釣果が優れないというあなた!
是非『涸沼』に足を運んでみてください。

Let's 涸沼!ブラックバス!ポイントは山のようにありますよ。
[PR]

by bass40over | 2015-08-23 21:13 | 釣行記

第4章 第6戦 北浦オカッパリ ~そして新たなる敵と出会う~

昨日購入した「YO-ZURI 3DS クランクSR」を携えて、私は鉾田市の北浦へと降り立ちました。
多少の残暑はあるものの、随分と過ごしやすくなりましたね。
そんな土曜日の北浦は、ボート戦ではなくオカッパリ戦をチョイス!

c0171001_21391188.jpg

まずはスピナーベイトでポイントを探る。
同時に、クランクベイトが根掛かりしそうな障害物が無いかどうかもチェック(笑)。

数回のキャストで強いアタリに出会うもフッキングせず。
そしてパートナーのK師匠に70cm近いナマズがヒット!(このサイズは生まれて初めて見ました)。

次第にスピナーベイトが見切られ始める。

YO-ZURIクランクベイトを試す時が来た!

私はYO-ZURI(マットブルーバックチャート)を投入。
クランクベイトが体を揺らす程よい振動が心地良い。

そして3、4投目、YO-ZURIが獲物を捕らえた!!!

c0171001_21391100.jpg

おりゃぁぁぁ!!ヒットしたのは39cmのブラックバス!!!
最近はナマズばかりだったので、久しぶりに会えたバスですよ。嬉しい!

私は確信しました、YO-ZURIクランクベイトは釣れる!
しかも、シャロークランクなので、バス釣りの敵であるマナズのエリアまで届かないために、極めてバスヒット率が高いのです。
もう、ヒットした際に「ナマズか?バスか?」なんて心配することは無い!

こいつがヒットした時は間違いなくブラックバス!!!

ふっ、もはやナマズは敵では無い。
YO-ZURI(ホロクロキン)に交換し、再びキャスティングを繰り返す。
程なくして、手元には再びアタリを示す衝撃が。

よっしゃー、バスだ!!!

c0171001_21391153.jpg

あっ、あれ?なんかバスとは雰囲気が違う。
メタリック感が強いし、チョビ髭が生えてるし、かなりスマート・・・。

ニゴイ
そう、これが新たなる敵の正体。
今まではスピナーベイトがメインだったので、このニゴイに出会ったことはありませんでした。
恐らく、彼はスピナーベイトには興味を感じないのでしょう。

これからクランクベイトを多用していくにあたり、新たな敵が追加されたわけです。
狙いはブラックバス、敵はナマズ、そしてニゴイ・・・とほほ。

c0171001_21391170.jpg

夕暮れの迫る北浦。
この日の釣果は、ブラックバス1匹、ナマズ1匹、そしてニゴイ1匹。
まぁ、釣れる魚種が増えるということは、楽しめる幅も広がったと考えようかな。

第6戦も楽しかったです。



[PR]

by bass40over | 2014-09-07 09:40 | 釣行記

第4章 第5戦 莫大沼、大池、小貝川 ~新たなポイントを求めて~

一気に涼しくなり、人間にとっては大変に過ごしやすいですね。
でも、水温が1℃変わると気温では約5℃の変化に相当すると言われており、ブラックバスにとっては過ごし辛い日々が続いているのでしょう。
そんな金曜日は、新たな決戦の場を求めて、茨城県は莫大沼、大池、栃木県は小貝川のポイント探索に行ってきました。

c0171001_09541379.jpg
莫大沼(バクダイヌマ)
茨城県桜川市真壁町上谷貝1102付近

足場が非常に良く、ゴムボートを出すには最適な環境ですね。
私が訪問した時には、既にフローター、ゴムボートが数艇出ていましたよ。
莫大沼は非常に小さな沼ですが、釣れるポイントが限られてしまうため、オカッパリでは厳しそうですね。

c0171001_10032814.jpg

莫大沼!素晴らしい雰囲気!気に入りました。
次回はゴムボート持参で再訪問したいと思います。

あっ、もちろん釣果はボウズでした(汗)。

c0171001_10034022.jpg
大池
茨城県桜川市大国玉4138付近

サイズ的には大きな池ですね。
残念ながらこの季節は水草が茂っていて、池の8割を覆い隠しているような状況。
これが無ければゴムボートに最適な場所ですね。

c0171001_10035082.jpg

ひとまず、水の流れ込み部分を探る。
小バスのアタリを1、2回感じましたが、残念ながらここでもボウズ。。。

c0171001_10040560.jpg
小貝川
栃木県真岡市根小屋21付近の堰

最後は小貝川ブラックバスに勝負をかける。
ここは小貝川の栃木県と茨城県の県境にあたる場所。
上流部はイイ感じのワンドになっていて、ここならゴムボートで一日中楽しめそう。

小貝川といえばスモールマウスバスですよね。
釣れるかな?そんな期待を胸に、いざ勝負!!!

c0171001_10041529.jpg

足場もコンクリートで大変に良く、清流の音がとても心地良かったですが、残念ながら釣果はボウズでした。

まぁ、人間も前日と比べて気温が5℃も変わると、体調を崩してしまいますからねぇ。
ブラックバス達もルアーを追うどころではなかったのでしょう。

それでも、久しぶりのオカッパリ、車でのランガンは楽しかったです。
次回は確実に釣果を追い求めてやる!!!



[PR]

by bass40over | 2014-08-30 10:34 | 釣行記

第4章 第4戦 北浦ブラックバス ~5年の歳月を経て見えたこと~

第4章 第4戦。
K師匠と共に、茨城県の北浦に行ってきました。
結論から言うと、ナマズ1匹、バスはボウズという結果でした。

まるい食堂で焼肉丼を食べ、いざ決戦の場へ。
今回はスピナーベイトだけでなく、クランクベイトも使いながら「探り」の釣りを実施。
メーカー不明な黄色いクランクでナマズを釣り上げ、その後は一切のアタリ無し・・・。

しかしながら、北浦のコンディションは抜群。
同行者のK師匠はアタリもガンガン、釣果もバッチリ。

心が折れそうでした


俺は5年前から何も変わっていない。
釣れる日は釣れるけど、釣れない日は釣れない。それを運命のように受け止めているだけ・・・。
もうバス釣りは辞めようかな・・・そんなことも頭を過りました。

でも、5年も成長が無かったなんて認めたくない!
違いは何なのか?俺とK師匠の違いは。
改めて分析して、わかったことがあるのです。5年の月日を経てわかったことが。

師匠はプロセスを楽しんでいる、俺は結果を楽しみにしているだけ

師匠は、その日の天候やバスの動きを見て、ブレードの色を変えたり色々工夫を凝らしている。
一方で私は、バスの写真を掲載できることを目指して、「マシンガンキャスト」と称してひたすら投げ続けている。
下手な鉄砲は数打っても当たらないのに・・・。

師匠はプロセスを大切にすることによって結果がついて来ることを知っている。
俺はプロセスを無視して、結果が来ることを神頼みしている。

これが決定的な違い


俺は、ルアーの色は雰囲気で決めている。
リアリティのあるルアーは『釣れる気がする』という理由だけでチョイス。
棚は根がかりしたくないから常に上の方。

生き物を相手にして、そのプロセスを楽しみ、結果として釣果を得るという気持ちが無かった・・・。
相手は何を欲しているのか、この天気でそれにミートするチョイスは何なのか。
考えたことなど無かった。

反省

リベンジするゼ!近いうちに必ず!
その時は釣果では無くプロセスを重視するつもり。
2014シーズン、まだまだ課題が盛り沢山です。



[PR]

by bass40over | 2014-08-23 20:12 | 釣行記

第4章 第3戦 武具池ブラックバス!小バス爆釣!!!

5年前のお盆休み最終日と同様に、今年もブラックバス釣りで締める!
パートナーはもちろんスピナベのK師匠。向かった先は茨城県 武具池。
ここはゴムボート、フローター、アルミボートのパラダイスですよ。
c0171001_19335500.jpg

さぁ!第4章 第3戦の始まりです!!!

最初は久しぶりにワームを投入。
第一投目からアタリを感じる!

コンッ、コンッ、コンッ!!!

c0171001_19341046.jpg

バシャバシャバシャッ!!!
いきなり元気イッパイのブラックバスが登場!
その後もワームで連続してヒット!!! (ただし、15cm以下の小バスOnlyですが)

このままワームで攻めても、小バスが釣れまくるだけ。
ここはスピナーベイトに交換してサイズアップを狙うゼ!!!

コンッ!

c0171001_19342681.jpg

よっしゃ!若干サイズアップして20cmくらい。
ここは釣り堀のように数ばかり釣れる・・・もっと大きなブラックバスを目指さなければ。
状況から判断した最適なルアーに交換して挑戦する。

コンッ!

c0171001_19344708.jpg

ぬぅおぉぉ!またしても小バス!
その後も途切れること無く小バスが連続して釣れ続け、トータルは20匹以上釣れました。
サイズは小さかったですが、とにかく楽しかったです。
2014年お盆休みの良い思い出ができました。

c0171001_19415780.jpg

夕飯は笠間市で見つけた一流の焼肉/ラーメン店。
肉の量は少なかったのですが、味はメチャクチャ美味しかったです。
トータル大満足!
やはりブラックバス釣りは楽しい!!!




[PR]

by bass40over | 2014-08-18 19:45 | 釣行記

第4章 第2戦 ~約束~ 栃木県芳賀郡茂木町北高岡 安楽寺池

「あんた、釣りやるのかい?」
それは半年ほど前、神社の写真を撮っていた私に、寺の住職と思われる老人が話しかけてきた言葉。

住職:「そこの野池に、誰かがブラック(=ブラックバスと思われる)を離したんだ。
    小魚が食べられて困ってるんだよ。あんた、釣り上げてくれないか?釣ったら離さないでくれよ。」

私: 「今はあまり釣りをやってなくて・・・そのうち、頑張ってみます・・・。」

消え去ろうとしていた記憶が蘇る。

爺さん、あんたとの約束を果たそう

c0171001_19063726.jpg

遠い記憶を頼りに、茂木町北高岡425 安楽寺付近にある野池へやって来ました。
野池でのブラックバス釣りは、実に5年ぶり。
お前(ブラックバス)に、北斗神拳が何故に最強の拳法と呼ばれているのかを教えてやろう。

c0171001_19231335.jpg

カナカナカナカナ・・・。
周囲は秋を思わせる風情、少しだけ涼しい風が頬を撫でる。
俺は眉ひとつ動かさずに、目の前の野池へと足を進める - ただ、約束を果たすためだけに -。

c0171001_19385299.jpg

野池は完璧なコンディションを整えて、俺のキャスティングを待っている。
ゆっくりと息を吸い、そして勝負の時を受け入れる。

ふぉぉぉあぁぁぁっ!!!

スピナーベイトを使って怒涛のキャスティングを行う。
水門、流れ込み、そしてアシ、いや中央か。

ゴンッ!!!

ふぉぉぅ!?
予期せぬタイミングでの強いアタリ、思わずリールから手が離れてしまった・・・。
慌ててリールを掴み、再びフッキングを試みる!

・・・。

奴は、水面に巨大な波紋を残し去っていった。
初めての体験でした。アタリの衝撃でリールから手を離してしまうなんて・・・。
その後も繰り返しトライするが、奴が再び現れることは無かった。

未熟だった・・・。
これから50cmオーバーを目指すにあたり、勝負の瞬間は一瞬と心して掛かるべきでした。不覚。

爺さん、安心しな。
必ず倒してやるさ。その時が、少しだけ先に伸びただけのこと。

もっともっと実力を高め、こいつだけは釣り上げる!必ず!
再び約束するゼ!爺さん。
あんたとの約束を果たそう



[PR]

by bass40over | 2014-08-15 20:16 | 釣行記

第4章 第1戦 茨城県鉾田市北浦

上手く行ったことは人に語り、そうでないことは内に秘める。俺の悪いクセです。
カッコ悪いことは人に語らない、あるいは、様々な修飾語を付けて『良かった』という結論にしたい。
弱い男なのです。

c0171001_19441034.jpg

今日は記念すべき『第4章 第1戦』ということで、茨城県は鉾田市まで行ってきました。
明日は雨の予報なので、どうしても今日行きたかったのです。
50cmオーバーに近いブラックバスの写真を掲載したい!!!

この焦りにも似た向こう見ずな行動は、5年前の俺と何も変わっていない。
誰も見ていないブログだけど、復活させたからにはブラックバスの写真をカッコ良く掲載したい!

c0171001_19541736.jpg


天気はバッチリ、風も無い。
完璧な選択だったと言いたいところですが、そこには大きな盲点があったのです。

枯れ葉、枝、ゴミのオンパレード

そうなのです。
先日の台風による風、増水の影響で、どこもかしこもゴミだらけ。
ルアーを投げても、必ずゴミまみれになって戻ってくる・・・。

俺の実力は5年前と何も変わっていないのか?
それとも、俺は師匠と一緒でないと釣果を出せないのか?

どちらも認めたくない!
愛用のゴムボート『HB001』を東西南北に走らせる。

c0171001_20092805.jpg

全く感じられない生命感。
いつの頃からか、ルアーを投げるときの期待感すら無くなっていた。

ボウズ

第4章では決して書きたくなかった言葉。
まさか第1戦から使うなんて・・・。

涼しかったから良かったとか、楽しかったから良かったとか、何も言い訳するつもりはありません。
今の私の本当の気持ちは『悔しい』、ただそれだけ。
家族の協力を得て望んだ戦いだったのに、結果を出せなかったなんて弁解の余地もありません。
悔しいよぉ、悔しいよぉ。

この借りは返すゼ!!!

次回第2戦で、この借りは必ず返す!
乞うご期待ください。




[PR]

by bass40over | 2014-08-13 20:33 | 釣行記

やっと出た!ブラックバス40cmオーバー!!!

『目指せ!ブラックバス40cmオーバー!!!』ブログを終了して早3ヶ月が経過しました。

2009/05/01、最後の投稿は以下のように締めくくられています。

>ブログのタイトルどおり「ブラックバス40cmオーバー」を釣ることができずに、終了することは不本意ではありますが、まぁこれも仕方が無いと思っています。

でもこれは納得ができない!!!


実はブログを終了してからも ブラックバス40cmオーバーを求めて何度かブラックバス釣りに出かけていました。

ブログ終了後 ジャスト3ヶ月である本日!遂に本ブログの目標である『ブラックバス40cmオーバー』を釣ることができました(涙)。
c0171001_2157224.jpg

c0171001_2274870.jpg

今まで釣ったブラックバスとは明らかに違う引きの強さ・重さ・フィーリング。

昨年の8月から1年間・・・。

求めていたのはこの感触だったんだ!!!


これでやっと目標を達成することができました。
よかった!よかった!
これで尻切れトンボにならずに済みました。

では皆様!次は『目指せ!ブラックバス50cmオーバー!!!』でお会いしましょう!
(嘘です!そんなものはありません(笑))

ではでは。
[PR]

by bass40over | 2009-08-01 22:37 | 釣行記

短時間ブラックバス戦!市貝町 秘境の野池!!!

今日は午前中の数時間だけ、ブラックバス釣りへ行ってきました。
c0171001_14371277.jpg

昨晩、「明日はどこの野池に行こうかなぁ」とインターネットを徘徊していると、すごく嬉しい発見をしてしまいました。

私の益子町 野池ブラックバス釣りは、実はあるホームページのポイント情報を参考にしていました。
それは、2004年のブラックバス釣り記録を掲載した非常にノスタルジックなサイトで、「まっちゃん」というかたが作成したホームページ形式のコンテンツです。
今までの野池めぐりの90%は、このサイトから知った情報 + Googleマップの情報をベースにしています。
残念ながらこのサイト 2004年から更新が途絶えており、恐らくもう再開することはないでしょう。

すごく嬉しい発見」というのは、実はこのサイトには前編があったということを知りました。
1995~2002年、まっちゃんとプーさんという2人による釣行記録が綴られており、私の参考にしていた2004年のレポートは、その後のまっちゃん1人での釣行を綴ったものだったのです。
(ぷーさんは滋賀県へ引っ越されたようです。)

今日はこのサイトの情報から1つ、Googleマップから1つ、合計2つの野池を巡ってきました。

■市貝町 ため池(2002年のレポートを頼りに)
伊許山キャンプ場近くのため池です。
2002年は結構大きなバスがいたというポイント。そのまま成長していれば70cm以上になっているかも???
iPhone GPSを頼りに山を進んで行くと、そのため池は突然姿を現しました。
c0171001_1532775.jpg
サイトに掲載されている写真よりも随分古い!
そうですよね、7年前の写真ですものね・・・。
c0171001_1575148.jpg
ワームの袋など、ブラックバス釣りの痕跡を示すものはゼロ。
ため池を一周まわってみるも、魚影なし。
・・・7年間の間に何かがあったのでしょう。恐らく現在ブラックバスはいないようです。

■市貝町 野池(Googleマップを頼りに)
先ほどのため池から程近いところにある野池です。散々迷ったあげくにやっと着きました。
c0171001_15134075.jpg
c0171001_15141038.jpg
前後2つの野池で構成されており、奥側は浅いので魚はいないと思われます。
この野池もブラックバス釣りを示す痕跡は無し、一周まわってみると、魚影有り!!!
しかも尾びれが黒く見えるあの姿はまさしくブラックバス
小バスは数え切れないくらいいる!・・・おぉ! 30cm以上ありそうなバスも泳いでいる。

全くスレテいないようで、投げるもの全てを追ってくる。
・・・が、食ってはくれない。
タイムリミットはゆうに過ぎていたが、後1投、もう1投・・・と諦めきれずにがんばったが、残念ながら1バイトのみ。

釣果ゼロは悔しいが、すごい秘境の野池を発見できた。
c0171001_15244981.jpg
しかし、いつから手付かずな状態だったのでしょう。
ブラックバスは確実にいるので、ブームのころにはバサーがいたのでしょうか?
ヘラ師のエサ袋もない、ワームの袋どころかラインも捨てられていない。
『釣り』という形跡が一つも無いのだ。

この野池、また時間のあるときに行ってみたいと思います。

※参考にしたサイト情報を紹介したいのですが、サイト作成者とコンタクトできず、
 許可を得ることができませんでしたので、URLの掲載は残念ながらおこないません。

[PR]

by bass40over | 2009-04-30 15:33 | 釣行記

今日はブラックバスを釣ろう! in 鬼怒川 & 益子 野池。

さぁ、物欲もなくなったところで今日はブラックバス釣りへ集中しましょう。
最近温かい天気の日は必ず風が強いですね。
c0171001_17135849.jpg
今日のサブアイテムはiPhoneとLUMIXの二丁拳銃です。

まずは鬼怒川 - 排水ポイント
いきなりのアクシデント! 河川工事のため車で入れない!!!
とりあえずスルー。

次に鬼怒川 - 上三川ポイント
c0171001_17173962.jpg
しばらく来ない間に、すっかり緑が繁ってきている。
前回来たときは、ほとんどススキで、ほんの一部に緑が芽吹いている状態だったのに・・・。
c0171001_17185583.jpg
ススキの穂から、緑へと少しずつバトンタッチして行くのですね。
c0171001_1721285.jpg
自然は真面目ですよね。誰かが推進しているわけでもないのに、黙々と。
(見習わなくちゃ。)

さぁ、状態はというと、
c0171001_1724342.jpg
澄み渡るクリアウォーター。見え鯉はウヨウヨ。見えバスもウヨウヨ。

状態はバッチリ! さぁ釣るぞぉ!!!
最近実績の高い"イモピン"。こいつのノーシンカーでゆっくりとした釣りだ!

"・・・・(シーン)・・・・"

あれ? 
"・・・・(シーン)・・・・"

「ガツン」って来ないの?
"・・・・(シーン)・・・・"

2時間粘るも釣果ゼロ。まずい・・・(汗)。
最近安定して釣果を出して来ていたのに、「ボウズでした」とはブログに書きたくない。

益子の野池へ移動しよう!
とその前にお昼ご飯。

■お昼ごはん - 中華食彩 宮本
 栃木県 芳賀郡 市貝町赤羽3674-32
 0285-67-0357
c0171001_1734924.jpg
ここは、前回「外伝」でも行った場所です。
今日はお勧めメニューの一つ「マーボーラーメン」を食べに来ました。
c0171001_173643.jpg
おぉ!これがお勧めメニューの「マーボーラーメン」かぁ。
どれどれ?
豆腐が大きめにカットしてあり、食べ応えは十分。
だた、普通に美味しいけどお勧めかと言われると微妙。この味なら生ラーメンでも出せそう。
・・・残念。

さて、気を取り直して益子の野池へ移動
状態は最悪! 水はすっかり濁っていて、もちろんバイトもゼロ。
まるでブラックバスのいない野池でルアーを投げているような状態。

その後、弁天池へ移動するも惨敗。

本日の釣果=ゼロ

悔しい!必ず近日中にリベンジするぞ!
[PR]

by bass40over | 2009-04-28 17:45 | 釣行記