カテゴリ:釣り準備( 41 )

YO-ZURI 3DS クランクSR 50F 50mm ~クランクベイト追加~

嬉しいですね〜!最近はこのブログにコメントを貰えるようになって来ました。
そうなれば、ブラックバスの写真をガンガンUPしないと。
そんな願望を現実に変えるべく追加したNewアイテムがこちら。

c0171001_20054708.jpg
YO-ZURIというメーカーのクランクベイトです。
なんだか変な名前ですよね〜夜釣り???
とりあえず、戦闘力を確認するために追加したのは2タイプ。

c0171001_20055521.jpg
YO-ZURI 3DS クランクSR 50F 50mm MBCL(マットブルーバックチャート)

黄色系は北浦で実績があるのです。
ナマズですが・・・(汗)。

c0171001_20055556.jpg
YO-ZURI 3DS クランクSR 50F 50mm HGBL(ホロクロキン)

霞ヶ浦水系で実績が豊富という黒金クランク。
ホログラム効果でスレたバスにも効果があるというデザイン。

ヘタクソなんで、どうせ無くなっちゃうんですよね〜。
そうなる前に、せめて写真でもと思い掲載しました(笑)。

明日は頑張ります!!!



[PR]

by bass40over | 2014-09-05 21:59 | 釣り準備

DAIWA PX 68 LIBERTO PIXY(リベルトピクシー) 再び俺をバスに向かわせたもの

私の道具は、基本的には全て師匠からの貰い物。その大部分は10年くらい前のダイワ製品。
それでも私にとっては十分の性能だったのです。

でも、先日もらった道具は珍しく現行製品。
その名を『リベルトピクシー』という。

c0171001_16375520.jpg

ビックリしましたね。何がって?そりゃぁ、その性能に関してです。
10年前のダイワリールを使う私にとって、ベイトリールは重量級のルアーを投げるもので、軽量のワームはスピニングリールが基本。
ベイトリールでノーシンカーのワームなんて投げられるはずが無い!!!

シュルゥゥゥ・・・・!!!

なっ、投げられるんです!しかもメチャクチャ滑らかに。
まだまだバックラッシュの連続ですが、何回かに一回は思いのままに飛ぶようになりました。

楽しい!!!

でも、どうやったら確実に思いのままに飛ばせるようになるのか?
考えてみれば、今までキャスティングの練習なんてやったことが無い。
だって、重量級のルアーをオーバーヘッドでキャスティングしていただけなのですから・・・。

新たな課題!そして飛躍のチャンス!

そう、自分を成長させるためには、今の自分のとっての課題を見つけ出すことが重要。
課題も無い男に進化は無い!

最近は家の中でキャスティングの練習中。
昔はDVDを借りてきて見ていたのに、今やYouTubeに沢山の動画がアップされている!
有難いことですね~!

相変わらず、超初歩的なスキルしか持ち合わせていない自分ですが、この成長する感覚が嬉しい。
もっともっと成長したい!!!
楽しい趣味です!ブラックバス釣りは。




[PR]

by bass40over | 2014-08-11 20:06 | 釣り準備

時は流れまた時代が動いた・・・目指すはバス50cmオーバー!!!

c0171001_16112238.jpg

あれから 5年の月日が流れたのですね。
とても長い時間であったような、とても短い時間であったような。

あれから、ブログを終了してからも、私のブラックバス釣りは続いていた。
と言っても、グルメや写真がメインで、ブラックバス釣り自体はメインの目的では無くなっていたのです。
美味しい食堂に出会ったり風景を眺めながら、少しだけ竿を振るイメージ。
いわば、これが私のブラックバス釣り『第3章』。
本気だった第1章、第2章とは比べ物にならないほどラフな遊び。

c0171001_16374010.jpg

しかし、ここ最近はその「ラフ」な遊びにも変化が生じていたのです。
本気でブラックバス釣りに取り組みたい!昔のような、そう5年前のような。

このブログを復活し、第4章としてスタートしよう


私の人生の中で、ブラックバス釣りはずっと続けてゆくことでしょう。
であれば、更新頻度は少ないかも知れませんが、その釣行記録をアップしてゆこう!
アップする先は、他のどんなブログでもなく、このブログ以外にあり得ません。

第4章 - どんな世界が待ち受けているのでしょうか?
釣りの道具も、技術も、飲食店を見極めるチカラも、そして撮影技術も、全てが5年前よりも格段に進化している!

"俺とブラックバスとの真剣勝負"
格段に進化した俺の持てるチカラの全てを、ブラックバス!お前に注ぎ込んでやる!!!

当面は50cmオーバーを目標に、楽しく頑張って行きたいと思います。
この忘れ去られたブログが、誰かの目に届く日を目指して!

目指せ!ブラックバス50cmオーバー!!!
よろしくお願いいたします。



[PR]

by bass40over | 2014-08-10 19:43 | 釣り準備

今週で仕事収め。来週からGW ブラックバス釣り三昧!!!

天気予報によると、週末は雨ということですね。
~金曜日までが釣り日和ということだと思います。
c0171001_21544115.jpg

でも大丈夫!
実は私、来週の稼働日は全て有休申請し、全てのエネルギーをブラックバスに注ぐつもりです。
(※申請しただけで、まだ承認されるかはわかりません。)

子供は学校!嫁も仕事! ・・・私はブラックバス!!!

ずばり、完璧!!!


この期間でどんなストーリーを作れるか!まさに勝負ですね。
絶対的な釣果よりも、第二章の目的である『ブラックバス釣り単体スタイルの確立』へ少しでも近づければいいと思っています。

本来なら目標達成までの最短ルートを検討し、推進する必要があるとは思いますが、これは仕事ではないので、少なくともベクトルが目指す目的を達成する方向に向いていればいいと思っています。

最初から弱い目標設定ですが、精一杯頑張りたいと思います。
[PR]

by bass40over | 2009-04-21 22:07 | 釣り準備

ブラックバス釣り。下手な鉄砲は数撃っても当たらない!!!

雷雨がすごかったですね。
最近の雨は突然激しく降り、雷は地響きがするほど・・・。異常気象ですね。
c0171001_21502792.jpg

さて、古人の言い伝えに『下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる』というものがあります。
私も第一章ではこの言葉を信じて、「ルアーを投げた数だけ上手くなる」「投げれば投げるほどブラックバスを釣りあげる確立も上がる」と思っていました。

今一度 第一章を振り返り、また自身の釣りを振り返り、明確にわかったことがあります。

"下手な鉄砲は数撃っても当たらない"

自分から見て、右側に的があったとしましょう。
右側に向かって下手な鉄砲を数撃てば必ずいつかは当たると思います。
でも、後ろを向いて、自分の下方向へ数撃っても絶対に当たらない。
つまり、『数撃てば当たる』条件は、銃口が的の方向に向いている場合のみということです。

ブラックバス釣りに話を戻すと、バスがディープにいるときに、何回シャローへ数撃っても絶対に釣れないということ。

ブラックバス釣り第二章。
いきなり爆釣もなければ、いきなり自分のスタイルへ到達も無いと思っています。
まずは、『数撃てば当たる』ところまで常に持っていける状態を目指したいと思います。

地味ですが、まずは足場を固めます。
[PR]

by bass40over | 2009-04-16 22:05 | 釣り準備

ブラックバス釣り!春の重要課題、再整理!!!

今日は日中とても暑い日でしたね。
「暑い」という声が久しぶりに沢山聞こえました。
c0171001_2150338.jpg

さて、本日はこの時期 = 春のブラックバス釣り重要要素についてもう一度再整理したいと思います。
(あっ!北斗ではなくてすみません。)

2009ブラックバス第2章。
これは自分のブラックバス釣り単体に対するスタイルを見極める戦いです。
ここで課題を再整理してみたいと思います。

第一章で、『課題はショートバイト』と言いました。
春、この時期のシーズナルパターンを踏まえ、恥を捨ててもう一度考え直してみたいと思います。

シーズナルパターンから、この時期のブラックバス釣りは、水温2~3℃の違いで大きく変わります。
10℃以下なら、ブラックバスはディープにいるし、13℃くらいならスポーニングのためシャローにいることでしょう。

微妙な水温の違いが、大きな棚の違いへと反映しています。

なるほど!
見えましたね!!!

この時期、私にとって最も重要なポイントは『ショートバイト対応』ではなく・・・

"棚の見極め"です!!!


ショートバイトへ対応することを考えるなど 10年早い!!!

正直言って、私は頭が悪い! それはわかっている。
複数の要素を同時に考慮することなど、到底不可能。

ならば、最も大きな違いである『棚』に焦点を絞ろう!!!

次回のブラックバス釣り。
探るのは線でも点でもない(二次元ではない!二次元まで絞ることはできない!)
新たな概念、『深さ』だ!!!

自身の力量に従い、まずは3次元で戦い、次は2次元に絞る。
「線」だの「点」だの言うのはそれからだ!!!
[PR]

by bass40over | 2009-04-15 22:26 | 釣り準備

JB 相羽純一から学ぶこと。~決戦に備えて~。

先日発生した「JB 相羽純一」の生エサ事件を無駄にしないために、ここから学ぶことを整理したいと思います。
もちろん、今週末の決戦に備えて。

あっ、と言っても、これは教科書ではないので、「不正はいけない」とか一般的なことは学びません。
かといって、『皆さん、ミミズで釣りましょう!』という短絡的な発想にもなりませんので、ご安心ください。

『何故、相羽は生エサを使ったのか?』
『相羽が、決定的に生エサが有利だと判断したのは何故か?』

これについては色々な要因があると思いますが、決定的な違い=臭いタップリワームとの違いはズバリ

食感!!!捕食するか、しないか!

この違いだと思います。
さらに突き詰めると、先日導き出された『バイト時間を長くする』という点において、圧倒的に有利だったからではないでしょうか?
c0171001_21222268.jpg
(だからと言って生エサを使った相羽は、釣り以前にブラックバスの放つオーラに負けてしまっています。)


ブラックバスの放つオーラは強力です。
上の写真で、ラオウの背景がブレて見える人はご注意ください!
(オーラに圧倒されている証拠です。)

ブラックバスのオーラに圧倒されそうな時、頼るのは『生エサ』ではなく、強敵=友 のアドバイスだと思います。

c0171001_21271941.jpg

オーラは正面から受けるのではなく、『受け流す』のです。
(トキの背景が回って見える人、あなたは受け流すことができています。)

これは何もブラックバス釣りだけに限った話ではなく、世の中のストレッサーに対応する術です。

・・・! 余計なことを書きました。(スミマセン。)

週末の足音が聞こえる本日。
釣り道具もそうですが、心構えも準備に入っています。
[PR]

by bass40over | 2009-04-02 21:38 | 釣り準備

JB 相羽純一に捧げよう。これが北斗神拳伝承者の戦い!

今日は寒い雨でした。
開花が進んだ桜も、『今ではない』と思ったのか一時待機という状態ですね。

今週末、どうやら日曜日は雨のようです。
勝負は土曜日しかない状態です。

先週の釣果ゼロがデジャブーのようによみがえります。
思えば同じような天候の週でした。

「相羽純一」は不正によりJBを一時去ることになりました。
私も、今週釣果がゼロであればブラックバス釣りから一時身を引こうと思っています。
c0171001_21584826.jpg

正々堂々、北斗神拳正統伝承者として・・・。

私にとって現在、ブラックバス釣りしか趣味が無い状態なので、正直『ブラックバス釣りを止めたくない』
でも一方で、ブラックバスが釣れないのに、「チャーハンが旨い」「カツ丼が旨い」という情報のみを掲載する趣旨の外れたブログをずるずると続けたくは無い。
今週末の釣果、手ごたえ、状況を判断し、答えを出したいと思います。

次の戦いを相羽純一に捧げよう。
これが北斗神拳の戦いだ!!!

[PR]

by bass40over | 2009-04-01 22:29 | 釣り準備

バスプロ 相羽純一さん、生餌使用でJB追放!!!

衝撃のニュースが飛び込んできました。
各種ブラックバス系の雑誌、DVD等でおなじみのバスプロ 相羽純一さんが、生えさ使用でJBを追放されたそうです。
c0171001_20401569.jpg

Y師匠から借りたJB5などのDVDで、相羽さんのシーンを繰り返し見て、憧れていただけにショックでした。
つい先日も「相羽的」というブログを見て、この季節の釣り方について勉強したばかりでした。

私達のように、趣味で週末ブラックバスを釣っているだけならボウズでも構わないのですが、
プロとして周囲から期待され、スポンサーからも期待され、ご自身としても相当のプレッシャーだったのでしょう。

相羽さんには是非、もう一度やり直していただき、バスプロとして復帰してもらいたいと心から思っています。
[PR]

by bass40over | 2009-04-01 20:51 | 釣り準備

喜びと苦悩。そして見極めへ。

今日は傘を持って会社へ行ったのですが、雨は降らなかったですね。
このまま週末まで天気が持てばいいのですが・・・。

私は先ほどまで皆様の釣果を調べるために、インターネットの世界を徘徊していました。
状態は上向き!皆様徐々に釣れ始めているようですね!!!

最近、リアルにブラックバスを見ていない私にとっては、今は素直に人の釣果も自分のことのように嬉しい状態です。

「人の釣果が嬉しい」?・・・。
ちょっと待てよ! 自分もブラックバス戦士なら、『悔しい』が正しいのではないか?
でも正直に『嬉しい』。

・・・。
受入れ辛い事実だが、私はもうブラックバス戦士ではないのかもしれない・・・。
c0171001_21242440.jpg


では、いつもどおり考えて見ましょう。
『何故、悔しくないのか?』


ブログを書きながら、私にはクリアにこの質問の答えが分かります。
答えは、『釣れないという結果を当たり前のように受入れてしまっているから』です。

『釣れなくても、美味しいご飯に出会えればいい。』
『釣れなくても、始めてみる景色に出会えればいい。』
『釣れなくても、楽しければいい。』
『釣れなくても、ブログをみんなに読んでもらえればいい。』

そうです。この気持ちが本当ならブラックバス戦士失格です。

c0171001_22211331.jpg

今週末は見極めです。
この拳は曇ってしまったのか?

拳が曇ってしまったのなら、この道はキッパリと諦めましょう。

さあ!ブラックバスよ!!!
今週末は私に答えを教えてくれ! 道を示してくれ!!!
[PR]

by bass40over | 2009-03-31 22:26 | 釣り準備